初めまして当サイトのオーナー森 茂樹です。
脱毛エステの分野について、有益なサイトを求めていた方も非常に多くいらっしゃると思います。
脱毛エステの情報と、私のおすすめのサイトを紹介していくおすすめ脱毛エステサロンの比較と口コミというホームページを運営しています。
私はこちらの分野の話だけでなく様々な業界に関心を持っているため、そういった推薦できるサイトにつきましてもお届けしたいと思っています。
どなたに閲覧いただいても有益なサイトばかりと思いますので、ぜひご確認いただけると嬉しいです。
あと、おすすめ脱毛エステサロンの比較と口コミでは脱毛エステのコンテンツを日々調査しまして、価値のあるコンテンツをQ&A形式にて公開していきたいと思います。
当分野のコンテンツは新しいということが大事ですから、できる限りコンテンツをお届けしていきたいと思いますので、
是非脱毛エステのことならば、当サイトをお使いくださいね。

脱毛エステには様々な種類があります。
レーザ式脱毛
よく美容クリニックなどで取り扱っている医療用レーザーを用いた脱毛方法がこちらです。
ニードル式脱毛
針を毛穴にあてて電流を流して毛根を焼く方法です。
光脱毛
フラッシュとも呼ばれ、ニードル式脱毛と並行してエステで取り入られている脱毛方法です。

むだ毛処理にかかる費用は施術方法によって様々です。
医療レーザー脱毛の場合
疾患の多毛症などを除き、美容目的のレーザー脱毛は保険適用外となります。そのため、クリニックによって料金はさまざまです。
一回料金でいくら、回数パックでいくら、年間何回まで利用できていくら・・・などさまざまです。

ニードル式脱毛の場合
針と電気を使った確実なニードル脱毛。
料金ははっきり言って高額です。というより、毛を1本1本抜いていくという地道な処理方法となりますので、脱毛終了までには長期間かかるために料金が高くなってしまうといった方がいいかもしれません。

脱毛部位と方法

Vライン脱毛
サロンの用意した紙の使い捨て下着、もしくは持ち込んだ下着や水着に着替えて脱毛処理をします。
Vラインの場合は下着を少しずらしながら施術しますが、あくまでV(ビキニ)ラインだけなので足を大きく開いたりなどという体勢はとらなくても脱毛処理は可能です。

Iライン脱毛
性器周辺のできれば見せたくない部位のIラインですが、脱毛する時の姿勢は非常に気になりますね。
Vラインなどは普通に横たわった状態で下着をすこしずつずらして施術していきますが、Iラインの場合は横たわった状態で片ひざを立て、脚を開いた状態で行いますのでやはり恥ずかしさはありますね。

Oラインの脱毛
さすがにIライン部位と同じく抵抗感のあるところです。クリニックやエステサロンによっても違いますが、そのままあお向けで膝を立てて足を開いた状態でする場合と、奥部の箇所はうつ伏せになって施術する場合とがあります。お尻を手で広げながら抜かないとダメですし、やはりかなり恥ずかしい事には変わりません。

わき脱毛
例えばニードル(針)式でしたら、わきの消毒の後に帯電を防ぐバーのようなものを握り処理を開始します。指輪・ピアスなどのアクセサリーも外します。
エステシャンが機械でレベルの強さを調節しますが、太くて固い毛と細くて柔らかい毛だと電気の強さ・使用するピンセットのような器具も種類を変えます。


全身脱毛の効果と内容
エステサロンや美容クリニックにより内容はまちまちです。今では数千円で両脇完全脱毛!という内容も多いです。
また、全身脱毛の場合は色々な部位を組み合わせたパック料金などもあります。